人間関係で正しい答えはない!ではどのようにすればいいのか?

人に話を聴いてもらう事は、大切な事で、自分の中に溜まってしまったものを、聴いてもらう事で、自分の中で、漠然としていたものが、理解できたり、声に出して話をしているうちに、新しい事に気がついたり。

人に自分の話を聴いてもらうというのは、自分の中だけでは、滞っていた流れを、また流れさせる事ができるようになる事があります。

話をする。

声を出して、自分の中にあるものを、表現するというのは、自分の中で考えているのとは、違う行為です。

言葉にするのは、自分の中で考えるのよりも、難しいものです。

感覚としては、分かっていても、それを言葉にして表現すると、今の自分の中にある感覚に、ピッタリとくるような言葉が見つからない。

道筋を立てて、相手に伝わるように話をしたのだが、その順序が検討がつかない。

自分の中で理解する事と、それを相手に伝えて理解してもらう事。

ここには、あまりに大きな差があり、相手に自分の考えを伝えるという行為は、本当に難しく、これを簡単だと理解してしまっている人ほど、コミュニケーションを軽視しており、おそらく、あまりコミュニケーションが上手ではないだろうと思います。

根本的に、自分の話を理解してもらうためには、相手の 場にたって、言葉を選び、表現を考えて組み立てていく事が求められます。

相手が、どういった人かを想像しながら、その上で、どこまでならば理解してもらえるか。

その人が育ってきた環境や、教育のレベル、今の現状。
さまざまな要因が組み合わさって今の、その目の前の人は、構築されているのですから、それを少しでも多く理解しない事には、自分の話を理解してもらえる事はないのです。

人によって、伝わる言葉と伝わらない言葉があるのは当たり前です。

コミュニケーション力が低い人は、自分の中で、当たり前に伝わるであろうと思い込んでいる言葉を、平気で使い、それが相手が理解してくれて、当たり前というスタンスで話をすすめます。

話をしている時の、主体がすべて自分になってしまっています。そうなれば、その話を聴いている相手側からしてみると、話されている内容が理解しづらく、その状態が続いていると、なんだか、話しにくい人だ。

このような判断をしてしまいます。

そして、そのように話しにくいと感じた人から、話をされれば、理解しにくいですし、それが続くと、苦痛を感じるようになってきてしまいます。

そういった事が、あると、次からは、その人からは、敬遠されてしまう傾向を高めてしまうわけです。
関係が続かない。

そういった人の中に良く見られる傾向としては、このような事があります。
それを踏まえて、この項目の話。

話をする。

この点から考えると、話を聴いてもらう事と、意見やアドバイスを聞く事には、そんなに大きな差があるように感じないと思います。

どちらも、自分の話をする事は、します。

その後に、意見やアドバイスをもらうか、もらわないか。
目に見える差としては、この点になります。


しかし、ここには、大きな差があります。

話を聴いてもらう。
これは、先ほどまでにお話をしたように、自分の中で、見えなかったもの。自分の中だけに、留めていると、分からなかった事を理解する事や、改めて確認する。

こういった事に対して、有効に作用するので、ある意味、話を聴いてもらうという事は、“自分の中での整理”ができるという面があり、これは、人と話をして、聴いてもらうからこそ、できる事だと考えれます。

こういったやり方をする事で、整理できるので、この考え方から得られる事は、非常に多く、私はこの方法を推奨します。

そして、親友を作る事や、心から信頼できる女性を作る事が重要です。

その理由の一つとしては、このような事が強く関係しているのです。

もう一方。
「意見を聞く事。」

これなのですが、人からの意見やアドバイスをもらう事は、大切な事で、それによって、新しい気づきや、ヒントや、考え方が生まれる事があります。


そのため、意見を聞いてはいけないという話ではありません。まず、ここを、理解をして、次に読み進めてください。

意見やアドバイスを聞く中で、意見を求めるというのを、
何か、答えがある

このように考えて意見を聞いている場合。
ここに、大きな問題を感じます。

私がメインに取り組んでいるのが、恋愛となり、女性とのコミュニケーションや、人間関係となります。

特に、このような人間関係というものに、正しい答えはありません。
そこにおいて、答えがある。と考えてしまう。

そして、その答えを強く求める。
このケースは、ここに大きな問題があると思っています。

まずは、答えはありません。

ここを伝えなくては、なりません。
それに、それが答えだと思っても、思った通りにはならないでしょう。

人間関係では、色々なケースを考えて、その中で、よりベターだと思われるもので、接していく。

つまり、あくまでも、すべては、想像の上で成立っていて、そのコミュニケーションのやり方が合っていたのか。

これは、結局分からないです。

考えられる中で、ベターだと思われるものを選択していく。反応を見て、良い方向であれば、ベターな選択だったのかもしれない。

この程度までしか分かりません。

そういったものに対して、正しい答えがあるという考えを持っていると、行き詰まりを見せる事になります。

答えをくれ。
といわれても、その答えを持っている人は、いません。

答えがあると思っているのに、答えは無い。
自分で考えて、その中から試してみるしかないという考えを持つ事ができないのです。

もしくは、その段階まで上がる事ができていない。

そうなると、そういった人は、現段階で、人とのコミュニケーション関係が、悪いである事が分かってしまうのです。

答えがないという段階にたどりついていないので、答えがあると思って、人と接します。

その上で、まだ答えは、何か。
そういった考えを持っているという事は、良い悪いでしか判断ができていない。

相手の反応を見て、自分で考えてみるという作業は、行っていない可能性があります。自分で、相手の反応を見て考える、という行程をたどっていると、人間の反応というものに、決まりはなく、それを限定して、これが正解というのを導き出す事は、不可能に近い事だと、感覚的にたどり着く。

たどりついている方が、平均的なコミュニケーションが取れるようになっている。

そうなると、相手の反応を見る。
反応を見て、そこから、考える。

この人とコミュニケーションを取る上で、基礎となる部分を欠いてしまっている可能性が見えてきます。

他にも、色々な問題点がある可能性が考えられます。

そういった事から、答えがあるものとして、意見やアドバイスを聞いてくる場合には、それ以前に、考えなおさなければならない点が、潜んでいると予想ができるわけです。

こういった事から、自分の話を聴いてもらう事と、意見を聞く事の大きな違いがあると考えています。





自分の話を聞いてもらうことと意見を聞くことのまとめ

自分の話を聴いてもらう事と、意見を聞く事。その過程としては、共に、自分の悩んでいる事について、話をするという点があります。

しかし、この 2 つには、大きな違いがあり、話を聴いてもらうという方には、話しながら自分の中での整理ができるという、自分に向かっている効果。

意見を聞く事という場合、話を聴いてもらって、そこから相手の意見を受けて、自分には無かった考え方や、気づかなかった点といったような、新しい点を自分の中に取り入れる。

取り入れるといっても、それはあくまでも、自分の新しい考え方の一つとして、参考にする程度。

相手からの意見をもらう場合、答えを求めるという、意見の受け方は、良くない傾向がある事を示します。

人間関係、コミュニケーション上には、これといった答えはありません。

そこに答えを求めるというのは、現段階で、相手とコミュニケーションを取って、そこから得た反応を見ながら考えていくという、作業を行っていない可能性が見える。

そういった点から考えて、コミュニケーションに答えを求めている人は、考え直さなければならない、問題点が潜んでいると予想できるのです。

バナーエリア

メインメニュー

このページの先頭へ