まわりは悪い人間ばかり!悪い人間を引き寄せ、良い人間を遠ざけてしまうそのメカニズムは?

私は、いつも人に騙されてしまいます。
私の回りには、信頼できる人間がいません。
人を騙すような人間で溢れています。

女性運が無くて、酷い女性とばかり知り合ってしまいます。

自信が無かったり、劣等感にさいなまれている男性から、こういった言葉が出る事が、たびたびありますし、

実際、ここには、ある程度、明確な理由や、メカニズムがあるので、こういった状態になってしまうのは、致し方ない面があります。

では、その理由や、メカニズムについて、お話をしていきます。

これを知っている事で、女性運や、人間運が変わります。
良い人間を選べるようになっていきます。
やる事は、そんなに難しくはありません。
やるべき事は、至って簡単です。

相手に意識が向いていないと、相手の発している事が意識できません。

基本的に、自分に意識が向いていると、自分は今、どう見られているだろうか。
嫌われていないだろうか。
好かれているだろうか。

こういった発言を自分はしているから、尊敬されているだろうか。

狙ったとおりの人物像として、相手に印象つける事はできているだろうかと考えていると、肝心の相手側の言動を、簡単に見失います。

ここで最重要な事なのですが、その人の性質というのは、何気ない、言動の中に現れます。かなり現れます。

無意識の言動というものに、その人間の性質は、驚くぐらいに表現されてしまうものなのです。

自分は、良質な人間に囲まれている。
女性運や、人間運が良いと感じている人は、この相手の無意識の言動に、ちゃんと意識が向けられているので、それをキャッチする事ができているのです。

そして、人間運が良い男性に、なぜ、あなたは、人間運が、良いのですか。と聞いても、このように、言葉にして、表現する事は、できないと思います。

その男性は、なぜかという事は、自分では分かっていません。

ただ、相手側に興味を持っていて、良質なコミュニケーションを取りたいという思いがあるので、今までの積み重ねで、そういった相手の無意識な言動が、自然な形で、自分の中に、情報として、インプットされます。

その自然な形、ほぼ無意識に近い形で、インプットされている情報から、判別をしていき、この女性は、良質な人間性を持っていると感じたり、この女性は、あまり良質な人間性を持っていないかもしれない。
このように感じたりします。

ポジティブな感情を得る事ができない女性とは、段々と距離を取り、ポジティブな感情を得る事ができた女性とは、段々と距離を近づけていく。

こういった作業を行います。

そうすると、確率的には、良質な女性や、良質な人間が回りに集まりやすくなります。

これを出来ている男性は、何か難しい事をやっているつもりはありません。
ただ、自然な形で、人を見ている。

その結果として、良質な人間とは、自然と関係が近くなり、良質でない人間とは、自然と距離が遠くなっていく。

それを感覚でやっているから、分からない。
言葉として、説明する事はできないのです。

それを、言葉として、表現をすると、自分の回りに良質な人間で、囲まれている人の、メカニズムとしては、このような形であると言えるわけです。

こういった一連の作業を行う事。相手の無意識からの、その人の本質を見る事ができる場合、自分に意識が向いていると、これを見逃します。

見逃せば当然、情報は手に入らなくなります。では、こういった状態の場合、どこから、相手の情報を仕入れるのかとなると、相手が発した言葉となります。

これをそのまま鵜呑みにして、その人を判断していくという方法を取ります。

私は嘘をつかない人間です。

目の前の女性がそのように言えば、その目の前にいる女性は、嘘をつかない人間だとインプットして、それが正しいと思います。

もし、その女性の無意識の言動に注意を払う事ができていれば、嘘をつかないという発言には、疑わしいところがある事や、言葉の全体を見ていると発言に、多々矛盾がある事などが分かったりします。

そういった点から、女性の無意識の言動に注意を払う事ができる男性は、もしかすると、この女性は、嘘を言わないといいながら、嘘を平気でつく女性なのかもしれないという、意識を持ちます。

そして、その意識を持ったまま、また興味を持ちながら、その女性と関わっていきますので、よりその女性の本質を知る事ができるのですが、そういった点に意識が行かなく、女性の言葉だけで判断すると、その点に疑いを持ちません。

私は、家族に大切にされてきたから、家族愛を大切にする。そういった男性が好きで、そういった家庭を作りたいと思っています。

このように女性が発言したとします。

無意識の言動に、意識を向けていれば、そういいながら、家族からかかって来た電話に出ると、声のトーンが低くなり、ぶっきらぼうな話し方をしている。

どことなく、その話し方からは、冷たい感じを受ける。

電話の話し方を見ているだけで、話をしている人間との関係性の一部は、知る事ができますし、その本人の無意識な所を見れる点は、多々あります。

そのちょっと冷たく感じるような電話の話し方を、家族としているならば、その点に意識がいき、また次に、家族からの電話がある時に、対応に意識を向ける事ができます。

家族だけではなく、その女性が、他の友人からの電話、会社からの電話。
こういった電話での対応を見る事もできます。

そして、その総合的な対応から、家族の電話の対応は、どうなのかも、比較検討する事ができるのです。

そして、そこから、その女性の発言、私は家族に大切にされて、私も家族を大切にしたいという発言は、本質的なもので、良質と言えるような女性であるかの、判断の基準にできるのです。

これらを一切省くと、女性が言っている言葉。

それが真実になりますから、もし、その女性は、男性ウケだけを狙って、この発言をしていても、それが嘘かを感じ取る事ができません。

この家族愛というのは、かなりその女性の性質を見る上では、重要な指針になります。

だから、男性にある程度、慣れている女性というのは、意図的に、家族愛に恵まれているといった発言や、家族愛が自分にある事を表現しようとします。

そうすると、男性は、その女性を良い女性だと判断する事を知っているからです。

そして、この言葉だけを信じる男性の印象を、すぐに良くできる事も重々に知っているわけです。

実際のその言葉に、偽りがなければ良いのですが、意識的にそういった表現をして、実際には、家族愛など無い女性は、一緒になれば、良い家庭とは違い、冷めた家庭になってしまう確率が高くなります。

女性だけではなく、対男性でも同じです。こちらの言動を見ないで、言葉だけを信じる人間を見れば、騙す側からすれば、ただのカモです。

私は信頼できる人間です、私が言う話を信じれば、あなたはお金が儲かります。

こう言われて簡単に信じてしまう。

これは、その人間の言動や、無意識の言動をみていないため、簡単に騙されてしまうのです。

嘘を言っている男性、そういった事を生業にしている男性からは、ある種の独特な雰囲気が出てしまいます。

もちろん、人を騙す上級のプロになれば、その雰囲気すらも、良い雰囲気へと変えているので、普通の人では、感じとる事は、困難です。

ただ、普通レベルの胡散臭い人間の、嘘ぐらいは、感じ取れるものです。

非常に分かりやすい例を言うならば、投資話を持ってくる。この銘柄は、今度、新しい発表をして、一気に値上がりします。

一気に億万長者になれますよ。

こういった話を持ってくる男性がいた。

そういった情報を手にする事ができる、特殊な立場にある男性ならば、持ち物を見れば、ある程度の判断はできる。

相手に興味を持てば、それぐらいは、普通の感覚で見る事ができる。

そういった特殊な立場にあるにも関わらず、乗っている車は、国産のセダンで、中古っぽい。

そうでなくて、ベンツに乗っていた。
でも、年式は古そうだ。

もしくは、着ているスーツは、新しいか、自分に合っているか。

靴はどうだろうか。
カバンはどうだろうか。

時計は何をしているだろうか。
携帯電話は、新しいものだろうか。

サイフは何を使っているのか。
髪形はどうだろうか。

顔の表情から、その男性は、今、活き活きとしているのだろうか。

精気に溢れているだろうか。
顔ツヤは、良いだろうか。
などを見ていけば、その男性が、ある程度、どういった男性であるかは見えてきますし、頻繁に使っているものから、その男性の性質もある程度は、知る事ができます。だから、そうそう変な話には、外側にちゃんと意識を向けられている人は、騙されないものです。

しかし、自分にだけ、意識が行っている人は、簡単に騙されてしまう。

男性側が、騙す事を目的にしているならなおさらです。
自分の言葉を簡単に信じる。

こちらの言動に気を配るのではなく、自分の内側に意識が向いていると思えば、扱いは簡単ですから。

言って欲しい事を探して、言ってあげる。

そうすれば、この人間は自分の事を信頼するだろう事が、透けてみえます。


騙す人間は、これぐらいは、当たり前のように理解していますから、言って欲しい言葉を、捜しては言う。

回りの人から見れば、嘘を言われている。

ただ、おだてられている事は、分かっても、当の本人にしてみれば、自分が渇望している言葉だから、信じる。

その渇望している言葉を言ってくれる、自分が求めている人物だから、その人は、自分にとっては、大切な人だと思ってしまう。

大切な人だから、この人は、自分には嘘をつかないと思う。

自分をこんなに分かってくれて、理解をしてくれて、そして、自分を尊敬してくれている。
自分を偉大な人間だと認めてくれている。
そんな人間が、嘘の投資話を持ってくるわけが無い。

だって、自分を尊敬しているんだから。
では、お金を出そう。

騙す側からしてみれば、いっちょあがりです。

これが、自分の回りには、良い人間がいないと感じている人の理由とメカニズムとなります。
悲しいぐらいに、現実です。

そして、自分の内側に意識が言っている限り、これは繰り返されます。

自分にとって悪い人間を、良い人間だと思って大切にしてしまい、自分にとって良い人間を、悪い人間だと思って、距離を遠ざけようとしてしまうからです。

この真逆の事をやってしまうのです。

回りにいる人間が悪いのではなく、悪い人間を選んでしまっているのです。まずは、意識を外側に向けて、相手に興味を持つ事が、何よりも大切になってきます。

そうしないと、一生、回りにいる人間は、悪い人間になってしまいます。

このページの先頭へ