負の感情(悪口・不満)を言う相手は誰がベスト?親友、家族?それとも?

誰でも負の感情になります。

その時どうするのかで、その感情の行き先は、自分への信頼や、自信というものに、強く関係してくると考えています。


もし、その負の感情の行き先を、誤ったものばかりを選択しているならば、自分への本質的な信頼は、なくなってきてしまうと考えています。

誤った負の感情の行き先とは、人を怨む、妬む、文句を言う。相手を貶める。陰口を言い続ける。このような行き先です。

これを続けると、何よりも、自分という人間を信頼できなくなります。自分では気がつきませんが。

ここで、私が良い負の感情の行き先だと考えているのが、誰かに、その話を、ちゃんとするという事。

その話の全容を伝えるという行為です。できたら、その相手というのは、自分が尊敬しているような相手の方が良いです。

尊敬しているという感情を持っていれば、その人に、見限られたくないといった感情とか、この人から、コイツは、嘘つきな人間だと見られたくないという感情が働きます。

そうすると、少し話をする時に、冷静になれるのです。

例えば、怒りの感情だけで話をすると、その話は、ほぼ、歪みます。冷静な判断ができていず、自分本位の話になってしまいます。

自分本位な、ゆがみがある話を、尊敬している相手に話しをしたいとは思いません。

なぜか。

それは、そんな話し方をしてしまえば、バカだと思われてしまうと判断するからです。

もしくは、物事を冷静に見る事が出来ない、人間性を持っていると思われてしまうからです。

そして、そういった人間は、見限られてしまうかもしれませんし、軽蔑されてしまうかもしれません。

尊敬する相手ならば、そういった事態は、避けたいと思います。だから、こういった負の感情になる話をする場合の相手としては、尊敬している相手の方が良いのです。冷静になれます。

冷静になり、その話を伝えようとすると、考える事を行ないます。

どうやって、今の自分の感情が沸き起こっているまでの流れを、伝えれば良いだろうか。このように考えます。

相手は、何も状況を知りませんから、この状態から、話を理解してもらうようにするには、それなりの話し方が、必要とされます。

そして、なるだけ、相手の立場にたって、分かりやすい話にしなければなりません。

そう考えると、考える以外に、ちゃんと伝えられない事が分かりますから、ますます冷静になるしかありません。
言葉も選ばなければなりません。

感情任せの言葉では、この人は、何を言おうとしているのかと、思われてしまうのが関の山です。

それに、自分目線だけで、相手側の目線に立たない話は、その人間の視野の狭さを、示してしまいます。

だから、話をする時には、相手の目線になって話を組み立てる必要があるのです。

そして、相手の目線に立つ事で、今までとは、違った考え方を持てるようになります。

違った立場から考えるのは、何かを考えるときに、非常に役に立ちます。

そうなってくると、相手の考えなども分かるかもしれません。

自分が負の感情になってしまっている時というのは、相手を責めていたり、相手が 100%悪いと考えてしまっている可能性があります。

だから、責めたくなりますし、責任を全部、相手に押し付けたくなります。

でも、何か、行き違いが起きたり、トラブルになっている時には、お互いに何かの不満があるわけです。

相手の方だけが、こちらに一方的に、トラブルの種になる事を押し付けてきたという事は、考えづらいのです。

それを相手に、説明している内に、そういった可能性にも目が行くようになります。

徐々に、そのトラブルの全体像が見えてくるようになります。話をする相手に伝えるというのは、話の全体像を自分もちゃんと把握していないと、伝える事ができませんから。

そうやって、話をしている内に、自分にも見えていなかった点が見えてくるのです。

そういった工程をたどって、ちゃんと、相手に話が伝えられたならば、その時には、もう、当初の強い負の感情ではなくなっていると思います。

より、冷静にその時に、起きた事が俯瞰で見れるようになっているでしょう。

このように、強い負の感情を持ってしまったときには、なるだけ、尊敬できる相手に、その話を聞いてもらいましょう。

そして、その話を丁寧に、伝える努力をしましょう。

そうする事で、感情が間違った方向に行く事もなくなりますし、起きた物事を冷静に、判断できるようになります。

そうする事で、自分自身を、信頼できなくなるといった事にもならなくなります。

このページの先頭へ