人から好かれるキャラクターは自分で作ることができる

ある程度の年齢になると、私達は、これが自分である。そういったイメージを持つようになります。そのイメージは、外からどう自分が見られているかといったような判断であったり。

今までの経験の中で、作ってきた感覚として、そう感じているという自分像であったりします。

その段階になると、今の自分を肯定するようになってしまいます。

今、このサイトを訪問しているという事は、自分に自信を持ちたいとか、女性から信頼されたいといったように、現状を変えたいと強く思っているから手にされているわけです。

しかし、現実としては、今まで変わらなかったものの大きな原因の一つは、自分で作ってしまった自分像や、流れというものを、自分で壊したくなくなってしまっているのです。

あなたが、自分はなんでもすぐにあきらめてしまう性格だとします。何か、キツイ事があれば、それを投げ出す。出来ないと感じたものは、すぐにやめてしまう。

だから、何かをやり遂げた事はないし、部活でもレギュラーになる事が出来なかった。勉強も、必死にやったという思い出もないから、そこそこの成績で終わってしまった。

彼女を作りたいと思っていたけど、自分が望むような彼女はできなかった、たまたま知り合ったアルバイト先のあまりさえない女性だったけど、その女性から言い寄ってきたから、とりあえず付き合ってみた。

でも、満足できる相手でもないし、真剣に向き合おうと思っていなかったから、コミュニケーション上に問題が起きて、別れてしまった。

それから、何年も、付き合うという事をしていないな。
でも、しょうがないか。これが、俺だからな。

それが自分だと思っている。繰り替えされてきたことだから、これが、自分らしいし、それ以外の選択は出来ないものだと決めている。

そういった流れ、自分の脈の中で生きてきたから。
そして、それで良いと心のどこかで思っていますし、それが変わらないのは、本当の所、仕方ないかもしれないと思っている。

あなたは、自分で決めてしまった、その脈。だらだらとした適当な意識で流してきた脈。これを断ち切る必要がある。

そう決めないといけないです。
脈は、変える事ができますし、自分では、自分の流れの脈というのは、これしかないと思っているかもしれません。
しかし、ちょっと隣を見ると、全然違う脈の流れがあるのかもしれない。

そういった流れの中で生きる事は、楽なんです。自分は、何か物事が起きれば、自分の中で決めたキャラクターとして動く事ができるからです。

あまり深く考える事なく、決めたキャラクターに従って動くだけなので、ある意味で、固定された反応をしていけば良いので、楽は楽なのです。

ただ、これを良しとする場合は、そのキャラクターが、自分が満足できて自信が持てるキャラクターという設定になっていればという前提です。

このキャラクターに満足できていなければ、自分に対して不満を持ってしまうだけなので、そのキャラクターは変更していかなければなりません。

決めたキャラクターで動くという行為は、人間誰しもがやっている事です。

例えば、自分は正義感が強いキャラクターだと決めている場合は、目の前で悪い事をしている人がいれば、それを止めたりしなければならないという、正義感に駆られて動きます。

目の前で痴漢をしている男性を見れば、女性を助けなければならないと考えて、その手をつかみ、男性を外に連れ出したりする行動にでます。

それは、自分の中のキャラクターとして、俺は正義感が強いから、それに従って行動をしないと自分ではないと思っているからです。

だから、その正義感あるキャラクターという動機に従って、普通の人はやりたがらない、痴漢を捕まえるという勇気がある行動にでる事ができるのです。

あなたから見て、魅力がある男性だなと思える男性は、このキャラクター設定が、良い方向に設定されているので、良い方向に結果も出るのです。

良い方向に設定できていると、自分が行った行動と、それに伴った結果について、満足します。それが、自分をさらに満足させて、自尊心を高める結果になります。

このサイクルを作れば、自分に対して、当然のように自信を持つ事ができます、さらに、自分の中には、良い方向のキャラクターをつけていく事ができます。

正義感が強いというキャラクターを、繰り返している内に、女性から好まれる機会が増えてきた。そして、女性と関わると、どうやら、自分は、女性に求められていると感じられる。

そうすると、新しいキャラクター、女性から多く求められるキャラクター。これを自分の中で作っていき、大切にしていきます。

そういった自分の女性から多く求められるキャラクターという意識を持つ所から、それを育てるような行動をとるようになっていきます。

ちょっとしたキッカケがあれば、女性に対しての意識は良い方向に向かっているのですから、話をするような行動を選択できるようになります。

ちょっと、手を貸してあげる場面があるならば、自分は、女性にとって、ポジティブな存在だと思えているのですから、手を貸すという一歩が出るようになります。

このように、キャラクターを乗せていくのは、繋がり繋がりで、乗っていく事が多くなります。ですから、今のあなたのキャラクターが、あまり良い方向でないならば、意図的に変えなくてはならないのです。

その良くないキャラクターは、習慣から作られてしまっている可能性が高いのです。

だから、そういった点も含めて、考えながら、自分のキャラクターを作っていかなければならないのです。

このページの先頭へ