人間関係に疲れてしまったときの対処法は?軸を増やすという考え方

人間関係で、疲れてしまっていたりする場合、これが圧倒的に多いのが、都会に住んでいる方となります。

もちろん、田舎だとしても、人間関係で疲れる事はあります。

なぜ、都会だとそのケースが増えるのか。
この主な原因について、お話をしておきます。

人間関係で悩んでいる事の根底には、人間関係が全てであるという考えにとらわれている。

こういった考え方になっていると、色々、悩まれている方の相談を受けてきて、感じ取る事ができました。

人間関係が全てだと考えていると、そこでの関係が良好でないと、すべての世界がダメなように感じてしまうと思います。

人間関係から開放されて家に帰ってくる。
そして、ただ、お酒を飲んだり、テレビを見たりして、また次の日が来て、その嫌な人間関係の中に入る。

この生活を繰り返すわけです。

そうなると、身体と心は、連動していますから、段々と身体も心も重くなっていきます。

そして、都会だと、他に逃げ場が無い。
これが大きく関係していると思うのです。

人間だけの世界。
こう考えている限り、逃げ場は中々ありません。
いつでも、人間関係に追われてしまうからです。

そこで、考えに取り入れると楽になれるのが、自然。

そもそも、自然の中に人間は住まわせてもらっているわけです。

ただ、発展をして、都会化していく事で、見える所に自然が無くなって来ました。だから、見えなくなっているのです。

良く、芸能人などでも、長年第一線でがんばっていた人が、突然、東京から、田舎に住まいを移すという話を聞く事があると思います。

それは、この人間と、他の軸として、自然があるという考え方があります。

自然と一緒にいるという感覚です。
人間とだけではなく、自然と過ごす。
自然の中に自分を置いてみる。
こういった考え方です。


そもそも、人間がいる場所だけが、軸であるという考えに、固執する事もないのではないかと思っています。

人間だけに固執をすると、人から嫌われる事が嫌になってきてしまって、本来の自分というものを無くすかのようにして、過剰に人に合わせてしまう。

そういった状態になってしまったりします。

過剰にあわせすぎる事で、自分が疲弊しますし、疲れてしまいます。

だから、無理をしないでも過ごせる自然という軸に自分を置くという考え方です。

軸が 2 つあれば、当然、逃げ場がある状態に持って行く事ができます。

この考え方を持った芸能人などが、自然の中に生活の軸を移動させたりしているのだろうなと、私は予想しています。実際に、私も自分の生活の中に、旅行と自然という軸を置くようにしてみると、今までとは、違った感覚を手にする事ができるようになりました。

今までよりも、自分の情緒が落ちつかせる事ができる。
そういった感覚を手にする事ができたように思います。

芸能界で、疲弊しまくった自分を、違う軸に身を置く事で、その疲弊を和らげる。この感覚は、すごいなと思います。

おそらく、実際に自然という軸に自分を置いてみた所、すごく楽になれるという感覚を得たんだろうなと、想像します。

あと、もう一つ、考え方があります。
それは、ペットです。

よく一人暮らしが長い女性は、その寂しさを癒すために、ペットを飼う。このような話を聞いた事があると思います。

これも、一つの軸の作り方だと思います。

軸を人間関係だけに置くから、きつくなるのです。

だったら、軸を増やしましょう。
自然に身を置いたり、ペットを飼ってみる。
そして、ペットと一緒に自然の中で、過ごしてみる。

今、都内などで、仕事をしていると忙しいと思います。
その中で、精一杯やっているので、疲れて当然です。

そして、人間関係に疲弊していく。
ならば、休日は、ゴロゴロしているだけではなく、日頃と過ごす軸を変えてみる。

このやり方を、加えてみるだけでも、ずいぶんと自分の感覚が変わったり、楽になったりする感覚を手にできるのではないかと思います。

小さい考え方の変化なのですが、こういった小さい事が、大きな変化に繋がったりする事は、少なくありませんから、自分に対して、試しにやってみてあげてください。

もちろんですが、ここには、メリットとデメリットが存在します。

何事もそうなように、表と裏があるのです。

人間と関わる場合、人間関係を上手く保つ事ができると、そこに信頼関係や、絆といったものを感じれる。

そして、そういった事が感じられる事により、自尊心が満たされたり、心が満たされたり、安心感を手にする。


このようなメリットがあります。
ただ、その分、人間関係によるトラブルやら、心の疲れ、裏切り、イジメ。など、こういったデメリットも生みます。

自然には、こういったつながりや、何かを構築して、人から感謝をもたらされたり、ありがとう、といった言葉をもらう事が、できないというデメリットがあります。

その代わりに、その中で、心のゆとりや、ゆったりと過ごすという時間を、持つ事ができます。

どちらが正しいという事はありません。
私としては、バランスを、自分の中で、より良い状態は、どれかを感じながら、選択していく事が良いなと考えています。

人によっては、人間関係に比重を置いた方が、楽しいと感じる人もいるでしょうし、自然の方に比重を置いた方が、心地よいと感じる人もいると思います。

それは、自分でやってみる中で、自分の感覚と対話していく事で分かっていく事です。

答えはありません。

ただ、今、人間関係で疲弊してしまっており、余裕が無いと感じるならば、軸は、1 つではないという事を知って欲しいです。

このやり方で、上手いバランスを取れるようになる事で、日頃の人間関係に対する、依存度も減らす事ができます。

依存度を減らす事で、少し冷静に現状を見たり、その人自体を見れるようになる余裕が出てくるかもしれません。

そういった状態になってくると、一歩引いた場所から見る事ができるので、今までには、見えなかった事が見えたり、わからなかった事が、突如として分かったり、人が言っている事が、違う角度から聞く事ができたりと、そういった変化が起きたりします。

依存度が減る事で、その場所に対して、必要以上にビクビクする必要がない事がわかり、自分には、他の軸があり、もし、どうしてもダメならば、軸をそちらに移してしまえばよいという考え方を持つ事ができると、逃げ場があるので、気分が楽になります。

そうやって、ムキにならなくても良い状態になる。これが、一つの余裕、一つの自信に繋がっていく事になります。

私事になりますが、そういった考えがあるので、私は、片田舎という場所を好むのです。ちょっと足を伸ばせば都会がある、少し足を逆に伸ばせば自然がある。いつでも、自分の気分次第で選択ができる。
そういった場所を好みます。

まだ、今の私は、どっちかに、ドップリという選択はできません。

何よりも、自然側にドップリとなれば、女性獲得するのには、不向きになりますから。これが大きく影響しています。。。

そういった事を考慮すると、やっぱり、私の中のバランスとしては、片田舎という選択肢になったのです。

実際に、このサイトを作るに当たり、さまざまな自然の中に身を置いて作りました。

以前までは、ホテルなどに缶詰め状態になり作っていた事も多かったのですが、自然との関係は、自分には相性が良い事を良く分かってきたので、自然の中の方が、はかどる事も分かりました。

そのため、海辺に行き、そこにテーブルと机を出して、パソコンを打っていたり、自然が多い、大きな公園に行き、その中で、パソコンをやったり。

最も、個人的にお気に入りだったのは、森の中で、川が流れているスポットです。ここは、キャンプ場なのですが、良い場所ですし、集中できる度合いが全然違います。
そこには、何回も足を運んで、川辺で、延々とパソコンと向かい合って、このサイトを作成していましたが、疲れる所か、心が安定しているのを感じました。


ホテルの中で、缶詰になっている時は、サイト作りは、かなり集中して、疲労をしていく作業なので、1 日経つと、もう起きているのもダルイぐらいヘロヘロになっていたのですが、森と川に囲まれていると、そういった疲労感がありませんでした。

あまり自然と関わる事が無かった時には、得られない感覚です。

何かの機会があれば、こういった考え方もある事を受け入れてみて、試してみてください。

今までに無かった感覚を手にするかもしれません。

なんでもそうなのですが、試しに新しい事をやってみると、今まで知らなかった自分の感覚と出会える事があるので、面白いです。

できたら、簡単に実行できる事を、私は好むので、この自然の軸という考え方は、すごくアッサリと受け入れる事ができました。

このページの先頭へ