女性とのコミュニケーションに成功の方程式はない!ではどうすればいい?

女性とコミュニケーションを取る、人間とコミュニケーションを取る。これは、常にめまぐるしい変化が起きるもので、その中での瞬時の選択を、常に迫られているものだと考えておいた方が良いです。

だから、今現在、女性とコミュニケーションを取る事が難しいと、あなたが感じているとするならば、それは、間違いではありません。
難しいです。

毎回、同じような展開になる事は、ありません。毎回、その女性その女性によって、展開が違います。
それが、むしろ当たり前の状態です。

さらに考えるならば、同じ女性でも、その日その日で、反応が変わります。前日に話をして、盛り上がった話、今日話をすると、女性は、まるで興味を示さない。

それならばまだしも、前日は喜んでいた事を、今日してみたら、怒ってしまった。こういった事が普通に起きたりします。

考えても、正確な答えはありません。

もしかすると、女性側にも、なんでかが分かっていないケースも多々あると思います。

そう考えていくと、人とのコミュニケーションを取るという事は、毎日、違う事の連続だという事が分かってきます。

ですから、ちゃんと自分で満足できるようなレベルで、対応できるという思い込みは、持つ必要がありません。

むしろ、ある程度の意志の疎通がとれたならば、それで十分だと考えないと、そもそも人とのコミュニケーションを取る事が苦痛で仕方なくなります。

完璧がないのがコミュニケーションです。
ただ、そう考えて、何も考えなければ、進歩はなく、ある程度の意志の疎通もとれません。なぜ、初対面では、緊張をして、何回も会うと、なんとなく慣れて来るのか。

その側面の一つが、コミュニケーションは、違う事の連続である事という面が見えてきます

コミュニケーションを重ねる中で、違う事は起きますが、大体の方向性については、理解ができていきます。

この人は、こういった方向性の接し方をする事で、スムーズにやり取りが行なえるな。とか、こういった話の方向性だと、喜んで話をしてくれるとか、話が盛り上がりやすい。

そういった大体の事を学ぶ事ができるので、何回か会うと、緊張感がほぐれます。


その人とのコミュニケーションの方向性を学ぶ事ができたからです。これがこういったサイトの意味でもあります。

方向性を理解する事ができ、学ぶ事が、ある程度のコミュニケーションが取れるようになる一つのコツです。

こういった事です。女性とのコミュニケーションとは、天候が非常に変わりやすい場所に対応する事と似ている。

晴れだと思えば、突然、雨が降ってくる。
そうかと思えば、雷が鳴り出した。そこで、鉄製の傘を差す事は、危ないなと考えて、鉄の使われていないプラスティック製の傘を用意する。

すると、今度は、突然突風が吹いてきて、そのプラスティック製の傘を破壊した。

ならば、この環境で傘を差すのは、無理そうだ。
ならば、この場面で有効なのは、レインコートだ。

では、レインコートは、どんな場面でも、使い勝手が良いものだから、これは、最低でも用意しておこう。

私達が、コミュニケーションを学ぶという事は、こういった事なんだと思います。

常に起きる変化に対応していく。

そして、対応していきながら、自分の中で、その対応を情報化していく。

経験として、まとめて行く。

そうする事で、万全とは行かないまでも、ある程度のレベルで、適応する事ができるようになっていく。

これが、先ほどお話した、「ある程度の意志の疎通」ができるレベルになっていきます。

適応するためには、その中に身を置かないといけない事は分かると思います。雨には、傘が必要だ。

という情報を取り入れても、肝心の雨がどういったものかが分からなければ、なぜ、雨に濡れないようにする必要があるかも分かりません。

雨に濡れるという体験をしないと、体温を奪われると言う事が、身の危険に直結している事も分かりません。

分からないという事、経験をしないという事は、いつまでたっても、その事に、リアルを感じる事ができません。

この両面を、あなたの中で、ミックスさせる事で、段々と良くなっていきます。この学びという事と、実際に感じる、経験する事が重要です。

そして、そういった事を積み重ねていっても、ある程度の意志の疎通というのが、限界であり、完璧なんて事にはならない事を知る事が必要です。

必要以上に、完璧なコミュニケーションを目指すと、何もできなくなり、何が正しいのか、正しくないのか。
といったような二択しか無い様な感覚になってしまって、どうにもできなくなり、コミュニケーションを取る事に恐怖を感じてしまうようになってしまいます。

人間とのコミュニケーションには、正解はありませんし、完璧はない。自分で、妥協できるラインを感じ取れるようになる事も、重要な事なのです。
あと、また、別に意識して欲しい事があります。

それは、生々しい体験の数々です。
実際の場面で、色々な学びを得た。
経験も得た。
女性とのコミュニケーションも上手くなった。

ある程度、女性を落とせるような男性になった。

そういった段階になって、ある友達の家での飲み会で、女性を落とした。一段落したぐらいに、電話がなった。

仕事関係の電話だった。

仕事関係だったので、少し話が長くなった。
部屋に帰ってみると、その女性が見当たらない。

皆は、談笑しながらリビングで飲んでいる。ちょっと疑問に思った。

すると、友達の一人もその場にいない事に気がつく。
ちょっと、すると、その女性と友人が、良い雰囲気になっている。

何が何だ分からないような感覚に襲われる。

まるで女性にも、友人にもダブルで裏切られたような気持ちになる。こういった、人間として、なまなましい体験というのは、しなければならない。

特に、女性に何か幻想を抱いている男性は、こういったなまなましい体験こそ、女性への幻想を無くしてくれる一つの方法だと思います。

それに、こういった事が、人間への理解を、心底深めるのではないかと思います。

そして、本当に信頼できる女性は、どういった女性であるとか、信頼できる男友達は、どういった人間性を持った人なのかとか、そういった事が理解できるようになるのではないか、といった考えがあります。

こういった、なまなましい部分へ、目をつぶっていると、その人間の本質に目を向けることができないからです。

本質に目を向けるというのは、自分に都合が悪い事にも、目を向ける事です。

目をそむけない事です。

しかし、普通の人間は、こういった苦痛を感じる事、自分に都合が悪い事には、情報としてシャットダウンしてしまうような習性があります。

ですから、このような、なまなましい体験というものを、繰り返す事で、徐々に慣れていきます。

慣れていく事で、やっと、そういった事を受け入れられるようになります。

受け入れられるようになって、はじめて、人間性の本質に目が向けられるようになっていきます。
自分に都合が悪い点にも、注意が行くようになります。

例えば、気に入った女性がいるとします。
その女性を良く見ると、一人の男性を信頼できない。

そういった点が、少々目につきます。
ただ、それは、本人からしてみると、非常に都合が悪い。

そうすると、人間は、そこに目をつぶります。
本当は、そこに今後の展開が隠されているにもかかわらず、目をつぶってしまうのです。

自分の世界の常識と、実際の世の中の常識。
ここで言う世の中の常識とは、見たくない見苦しい現実、これの事になります。

その現実を照らし合わせる事。
そして、自分の世界の常識と、世の中の常識を、調節して、より世の中の常識と自分の常識を中和させていく。

こういった作業が必要とされています。そして、その作業には、なまなましい体験の積み重ねが、必要不可欠なのです。

このページの先頭へ