過去の辛い出来事をプラスの経験に変える方法

同じ経験した物事でも、解釈の仕方は、180 度違うものになります。解釈の仕方によって、体験した事は、良い事にも悪い事にもなるのです。

物事には、良い面があれば、悪い面もあるようなものなので、そう解釈が真逆に分かれるのです。

常に、物事には、表裏があるのです。

そこから考えると、どんなにキツイ体験をしたとしても、それは、解釈の仕方では、ものすごくいい経験となります。

普通の人は、手にできないスキルを手にしている事になります。

親の機嫌に、常に気を配らないといけないような、つらい幼少期を過ごしたとします。

機嫌を損ねると、色々な形で、自分に返ってくるんで、敏感に、ならなくては、ならない状態だった。

それを、悲観的にとらえるならば、そのために、いつも人の顔色におびえながら、相手のいう事に従うという選択をしなくてはいけなかった。

だから、自分の意見が言えないような性格になってしまった。

もちろん、これは、これで、つらい体験ですし、現状、自分の考えをいえなくなってしまっているのは、良い状態とは言えないかもしれません。

この点を良い面に目を向けるとするならば、人の機嫌に敏感になる事ができて、今、相手の機嫌が悪いのか、良いのかを瞬間で判断する事ができる。

だから、相手の機嫌が悪いならば、それに適した対応が、自然にできる。

そのおかげで、いつでも人間関係で、人を怒らせるという事が無い。人との距離を瞬間で離したり、近づけたりの調節する能力にも長ける事ができたのは、こういった経験があったから、身につける事ができた能力だ。


このように、見ることができるわけです。
人の感情を見れない人が多く、そういった人の多くは、対人関係で、摩擦を起こしてしまいます。

しかし、相手の感情を見る事ができないので、言ってはいけないタイミングで、言ってしまったり。

今は、近づかない方が良いタイミングで、近づいて、相手の怒りを買ってしまって、余計なトラブルを起こしたりしてしまうのです。

それは、相手の感情を読むという技術がなかったからです。

この技術を持っていない人は、今後も、苦労をし続けます。対人で、摩擦を頻繁に起こしながら、生きていくしかない、そんな状態になっていきます。

そういった点から考えると、人の感情を読み取る力があるというのは、すごい技術を持っている事になり、対人で、スムーズな関係を持ちたい場合には、大きな力を発揮してくれる事になるのです。

実際に、相談を受けさせていただきましたものの中に、小学校から大学まで勉強ばかりの生活を送ってきたために、女性とのコミュニケーションが、完全に欠落してしまっている。

女性と一緒にいると、何をしたら良いのかの検討がつかないで、頭が真っ白になる。

多かれ少なかれ、女性とのコミュニケーションに、問題を抱えている場合、それまでの女性とのコミュニケーション量に、問題がある事が多く、それを解決するために、できる事を積み上げる事で、解決する事ができる。

実際のこの彼の場合は、この勉強を大量にしてきたという、青春時代の過ごし方が、ちゃんと目標に向かって、自分を律する事ができるという、習慣がつけられているので、怠惰な気持ちに流される事なく、自分を成長させる事ができたり。

自分がやっている事を、客観的に見て、今の自分の進み具合などを分析するという能力を持つ事ができています。

決められた事を、継続的にできるという力は、何か、目標を決めて達成するためには、マストな能力です。

それが最初から、万全の状態で、備わっているというのは、女性とのコミュニケーションを上達させるというスタート時期は、遅くなったものの、この能力があれば、時間はかかりますが、思っている場所に到達する事は、そう難しくないです。逆に、青春時代は、自由に過ごしたけれども、自分を律する、物事を理解していく能力を高めるという努力をしてこなかった人は、その後の成長に、行き詰る事が多くなってきます。

自分を律するという能力は、人間関係で重要になる、感情のコントロールに直結しています。

小さい頃から、自分を律する事ができているという事は、自分の感情をコントロールし続けてきたという事です。

その当時の訓練が、今後の感情コントロールには、いかんなく発揮される事になると思います。

実際に、学習を重ねてきている人と、程度の低い学習しか行ってこなかった人との間の、感情コントロールの差には、かなりの差があるのが、現実です。

このように、角度によって、見え方は、全然変わります。
見え方を変える事で、意識を変える事ができるのです。

その変わった意識で見る事ができれば、過去にあった出来事を、違う意味でとらえられるようになります。

こういった事を、続ける中で、過去の出来事への記憶が、違ったものへと変わっていき、徐々に、意識に違いが出てきます。

そして、劣等感を消したり、根本的な自信を持つ状態になっていく事に、大きく役立つのです。

このページの先頭へ