恋愛での1点集中は失敗する!意識を分散することで心に余裕ができるぞ

一つの事に、集中をしていると、その事がダメになると、ダメージが大きくなります。

恋愛という場面で言うならば、一人の女性だけしか見えなくて、その女性だけしか好きになれない。

そういった状態になると、もし、その女性との関係が良くないものになったり、その女性が手に入らない決定的な事が起きた時に、立ち直れないようなダメージを受けます。

それに、女性側からしてみても、その種、怖いぐらいの1 点集中される事を、嫌だと感じる女性も多々います。

意識が分散できていない事というのは、相手に、無言のプレッシャーをかけてしまう事が多々あります。

自分では、それが正しいと思っていても、1 点集中は、冷静さを失わせますし、余裕を奪います。

必死さが、簡単に感じ取れるようになります。
だから、そういった男性を女性は、避ける傾向があります。

私は、このように意識を 1 点に集中する事は、やめた方が良いと、お話をさせてもらっています。

恋愛という場面では、1 点集中する事のメリットが、あまりに少なく、デメリットが多すぎるからです。

仕事面であったり、趣味面であったりすれば、1 点集中する事も悪くありませんし、メリットは、多くなっていきます。ただ、それが恋愛になると、変わってきます。

女性を狙うならば、意識を分散させる状態で、狙う。同時に複数の女性を狙うというのは、余裕を生みます。

もし、この女性がダメでも、他の女性がいるというのが、自分の中での保険になります。

そして、他の女性という意識があるので、一人の女性と一緒にいる時に、適度に力を抜いてコミュニケーションを取る事ができます。

もし、これが、その女性しかいないという状態になると、力が入ります。

それが女性に伝わります。
緊迫した感じを与えます。

これは、何も対女性だけではなく、対自分についても同じ事が言えます。自分の意識が自分にしか向いていないと、余裕がありません。

もし、自分が思ったような展開にならないと、絶望しますし、俺はダメだと思ってしまいます。

一人の女性しか見ていなく、その女性との関係が望んでいたような状態にならなかった場合と同じです。

だから、自分への意識を分散させる。自分にばかり意識を持っていかない。

具体的に言えば、自分以外に、大切にできるものを増やしていく。例えば、サーフィンと海を大切に思っているならば、意識は分散されます。海にいて、サーフィンをやっている時間は、楽しくて、心がニュートラルな状態になりやすい。

ならば、海とサーフィンをやっている時は、いつでもニュートラルでいられます。そうなると、意識は、自分だけに向いていない状態になります。

これは、良くあるケースですと、一人暮らしの女性が、ペットを飼う。

これなんかは、典型的な意識の分散だと思っていますし、すごく的確な行為だと思っています。

適齢期を迎えた女性で、一人暮らしをしている。しかし、現段階で、彼氏と呼べる存在はいないし、これからそういった存在がすぐに見つかるとも限らない。

こういった状態にある女性というのは、多くの場合、色々な問題を心の中に溜め込みます。

これは、男性には、理解しずらい事で、女性の肉体的な問題、主に、出産ですね。

これが関係しているので、男性とは違い、女性は、リミットがあるので、それを感じながら、一人暮らしをして、生活するのは、時として、かなり自分を追い詰めるのです。

そこで、自分への意識を分散させるわけです。
ペットが居れば、自分の生活や、結婚や、出産だけに意識は行かなくなります。

大切なペットの存在が出来れば、家に帰っても、世話をしなければなりませんし、そこにいつも居ます。

ただ、居てくれるだけで十分なんです。
意識は、必ず、分散されるので。

大切な存在があるというだけで、人間の意識は分散されます。そして、楽になる事ができます。

自分だけに意識が向かないと言うのは、物凄く楽になれます。自分以外に、これがあると、楽しいと思える事があるだけで、癒される。

そういった存在があるだけで、瞬間の幸福感を手にする事ができるからです。

なんか、心地よいという心のニュートラル感と、大切に感じる事ができる存在がいるだけで、瞬間に訪れる幸福感。

似通ったような感じがあります。

何かのためにとか、誰かのためにとか。

そういった事は、一見すると、まるで、他人のためのように思われるかもしれませんが、意識を分散させてくれて、自分を追い詰めないためには、大きな助けになっているのです。
大切に思えるものがないとか、熱中するべき対象が無い、この人のためにと思えるような対象がいないと、どうしても、追い詰められやすくなります。

今、自信が無かったり、強い劣等感に襲われているという人は、強い傾向として、そういった対象を持っていないです。

実際に、あなたは、どうであるかをチェックしてみてください。もし、そういった対象がない場合は、意識して、作ってみましょう。

意識して、作ってみる事が入口になるので。

この点は、否定するよりも、実際に、こういった事実がある事を理解して、やってみる事がもっとも近道になります。

大抵の好きになっていく物事や、熱中していく過程というのは、実際にやってみる事から展開します。

やってみる事で、改めて、自分がやっている事に、強い意識が向くようになるからです。

そのためには、まずは、最初から否定をしないで、何か対象になるようなものをはじめる。

その選定方法は、何でも良いです。自分の中で、今まで、ちょっとでも興味がかすった事があるような事。これで良いのです。そこを入口にして、実際にやってみる。
取り組む場合は、真剣に、熱中した方が良いです。

上手くなりたい、レベルを上げたい、もっと高い所へ。
そう考える事が、その対象へ自分を熱中させる一つの重要な方法なのですから。

熱中する気持ちがないと、効果は高くなりません。

そうやって、意識を分散させる対象を増やしていってみてください。少なくとも、今までのあなたの意識の持ち方とは、だいぶ違う状態になります。

この方法は、かなり強力な方法なので、もしかすると、この方法を用いるだけで、今までとは、違った自分になっているかもしれません。

このページの先頭へ