学習や仕事をしない男性は自信も女性も手に入れることができない!その理由は?

最近、10 代~20 代前半の世間から見て若いとされている世代と話をしていて、感じる違和感があります。

それは、根拠の無い自信を持っている人が多いという事です。

もっと言うならば、意味があまり無い、プラスになる要素が無い。そういったものを基礎にして、そこに自信を持っているのです。

非常に分かりやすく例として、説明するならば、フィギュアを持っている数が多ければえらい。
みたいなレベルの自信の持ち方です。

これは、一瞬で意味が無い自信の持ち方だという事が分かってもらえると思います。

これを踏まえて、どういった自信の持ち方は、危ないのかについて、お話をしていきます。

私達は、世の中で生きていかなければなりません。

その中で、一つの自信となるのが、仕事に関しての自信です。男性ならば、多くの人がそれで自信を持っている人がいます。その仕事で、自信を持つためには、その会社の中で、必要とされている能力を伸ばす事が、成績と直結しやすいので、結果として、自信と結びついてきます。

大切な事は、所属しているコミュニティの中で、必要とされる能力が高い人間が、そのコミュニティでは、重要な人材として求められている。

だから、結果として、その必要とされている能力が高い人は、自信を持つ事に繋がっている。

そのため、この自信の持ち方は、正しいわけです。必要とされる能力をそのコミュニティの中で、持つ事ができているから。

必要とされていない能力を高めても、本来は、自信に繋がらないはずだったんです。

でも、今、ここがちょっと壊れてきているように感じています。

先ほどの例のように、会社で必要とされている能力があるから、優秀な人材として認められています。

でも、フィギュアを大量に持っていて、その世界観の中では、トップレベルの存在。

だから、俺はすごい。

こんな自信の持ち方をしている人が増えているのです。

こういった自信を持ってしまうと、どういった危険があるのかが、分かると思うのですが、自分の評価と回りの評価には、著しいまでの差が出てきます。

回りにいる人間も、その勘違いの自信を持っている人間を、もてあましてしまいます。

あまりに価値観が違うためです。
意味の無い自信があるものですから、仕事に対しても好き嫌いを平気で主張したりします。
※ここでの例のフィギュアは、あくまでも、大げさな例として出しています。

普通の社会では、さすがに、フィギュアを持っているから、自信をもって、それを仕事にも、連動させるというのは、ちょっと考えにくいですが。

ここは、かなり自信という項目と強い結びつきがありますから、もう少し、踏み込んで話をしてきます。

今、すごくこの勘違いの自信で、問題があるなと思っているのが、変な階層の中でしか通じない自身を持っている男性が多い事です。

が顕著に現れているのが、学習をしない、仕事をしない。

こういった階層の中にいて、自信を持っているタイプの男性で、すごく勘違いしてしまっているのが、怖いなと思っています。

階層というのは、ちゃんと説明をしますと、例えばのケースだと、このような事が階層として、説明する事ができます。

小さい頃から学習をして、政治家や、官僚を目指している人。

そういった類の人と、そういった事には、意味がないというように、その分野を拒否する人達の階層。

常識が違うわけです。

学習をたんまりして、社会的立場を得る事で、より強力な安全地帯に自分を置けるという事を、知っている種類の人達。

そういった人達を拒否して、大量の学習をして、苦労して官僚になって働く事なんてバカらしい。意味の無い人生だ。
と考えて、その相手の一生懸命になっている思考を否定する。そういった考えを持っている俺達は、すごい。
そういった自信の持ち方をしている種類の人間達。

すごく意味の無い、危うい自信でしょう。これは。
一般的な感覚から言えば、前者の人達は、社会から実は、すごく守られます。

後者の種類の人達は、最も守られてない、すごく危険な状態で生きている人達。

その状態で、生活しているのですから、危機感を持つべき人達は、完全に後者の人達なのですが、自分達は、そういった事を拒否してきた、優れている人間だと、本気で信じているんです。

そして、そういった種類の男性が、爆発的な勢いで増している。

そういった種類の人達は、その種類の人達の中では、通用します。

そして、その階層の中で通用するから、それは、世の中に通用する自信だと思っています。

しかし、普通の女性は、こういった男性には、興味を示しません。

自信。

それが、全然、的にあった自信ではない事が、すぐに分かるからです。こういった種類の男性を女性は、知性の低い男性としてみます。

自信というのは、世の中の平均的な所に持っていき。
その中で、通用するもの。
そういったものである必要があります。学習をしない、仕事をこなさない。
そういった事を良いとする階層の中で、考えてもしかたないわけです。

ハッキリいいます。
私は、学習をしない、懸命に仕事をこなさない男性に、本質的な自信は手に入らないと思っています。

特に学習。
これが無い男性には、人生を支える本質的な自信は、手に入りずらいです。

もちろん、他にも自信には、色々な要素がありますが、その中の重要な要素として、この学習は、非常に重要なのです。

学習というと、学生時代のような机に座って、テキストを、こなすといったような学習を想像されるかたも居ると思いますが、その学習とは、違います。

もっと、本質的な“考える事”と、そこからの“学び”となります。
これが、重要なのです。

このページの先頭へ