怠け癖、サボりぐせを治したい!簡単に自分を管理する方法

誰でも、自分に優しくしたいものです。だから、一般的には、他人には、厳しい判断をして、自分に対しては、甘い判断をしたくなります。

で、自分に甘い判断をしていると、どうしても、回りの人からは、あまり良い感情を持ってもらえませんし、あまり自分の成長にもつながりません。
そこで、意識していくべきことは、他人の目です。
人の目。

あまり他人の目を意識するのは、いけないという言い方もされます。それは、正しくもありますが、時と場合です。

自分を成長させようと思った場合は、人の目を意識しないと、大半の人は、自分に甘くなってしまいます。

外にでれば、誰かが自分を見ているんだ。そう思うようになれば、意識がかなり変わります。

笑顔を多くしたくなりますし、人との接し方にも変化が現れます。誰にも、知り合いにみられていない。

そう思うから、仏頂面にもなりますし、人に対して不親切になります。

もし、それを知り合いの人が見ているそう思えば、対応が変わります。

人は誰でも弱いものですから、人の目があって、やっと、ちゃんとした態度ができる。これも当たり前の事だったりします。

それが、良く現れているのは、街中でも、「防犯ビデオ作動中」などと書かれていると、人は、その防犯カメラを意識するので、マナーを守るようになります。

仮に、その防犯カメラは作動していなくても、マナーは、良くなるのです。

そこには、人の目があるという事が、根底にあるわけです。

もし、そういったものが、一切なくなってしまうと、残念ながら、街のマナーは、徐々に悪くなっていき、ポイ捨てする人も出るようになり、ドンドンその街は汚れていきます。

そういった理由があり、今、大きな街では、このように、「防犯ビデオ作動中」というような看板が、ちょこちょことあるのです。

自分の中だけで、自分自身を律して、成長させるのは、かなり難しい事です。だから、人の目を利用する。意識するという事が大切になりますし、有効なのです。

もし、自分だけで、自分を律する事ができる人が大半ならば、そもそも、塾とか、予備校とかの商売は成立たなくなります。

自分を自分で律する事ができて、成長させる事ができるならば、自分で参考書を買い、必死に勉強すれば、塾とか予備校とか必要ありません。

自分で自分を律する事が難しいので、人の目がある、塾や予備校というものが有効で、あんなに多く存在しているのです。
そういったシステムを利用しないと、人は、思ったように、自分を動かせないわけです。

人の目。意識して、自分を律する訓練をしてみてください。

徐々に自分の態度が変わる事になります。

このページの先頭へ