世の中間違っていることや不安が多すぎる!そんな中であなたが持つべき考え方とは?

マインドで、これを持っておく事ができれば良いなと、私が感じている最終段階的なマインドについて、お話をしておきます。

自信が無い事、劣等感を持っている事、なんとなくの不安がある事。これは、人間であれば、大半の人は、持っています。

その感覚と、どうやって向き合っていくかが、大切になっていきます。

今、あなたに、自信がないならば、その付き合い方が、イマイチ、上手くいっていないと考える事ができます。

そこで、また不安になるのだと思います。

これからの事。
自分の先。
仕事の事。
女性の事。
お金の事。
日本の事。
TPPの事。
政治の事。
親の事。
などなど、考えれば、不安になれる要素なんて、世の中に溢れています。今日も、この瞬間に、テレビをつければ、あなたを不幸な気持ちにさせてくれるニュースで溢れています。

本質ですが、何がどうあれ。

今のあなたが、お金を持っていようと、女性が回りに溢れていようと、童貞であろうと、TPPに日本が参加して、ボロボロになろうと、逆に、良くなろうと。

親が元気だろうと、最近ちょっと、元気がないであろうと。

先は、見えないです。

真っ暗。
見えるはずがない。
暗闇。

一寸先は、闇。

良く言った言葉です。

本当に、その通り。未来なんて分かりません。

あなたが、このサイトを読んでくれている、その瞬間に、私は、実は、車にハネられているかもしれません。脳卒中になっているかもしれません。

海外に移住を決めているかもしれません。北海道に居るかもしれません。沖縄にいるかもしれません。何もかもが分かりません。

そこで、大切な事は、結局、区切り区切りで、その区切りの中を一生懸命に過ごしてみる。

これしかないんじゃないかと。楽しくても、今が、つらくても。それは、区切り。また、次の区切りが来ます。

この繰り返し。ちょっと、言葉が悪いので、気分を害したらごめんなさい。

あなたの親が無くなっても、あなたは、必ず、おなかが減ります。そして、食事をしたら、必ず寝ます。

それを生きている間、永久に繰り返します。

その間に、どんな事が起きてもです。
必ず、おなかが減ります。
そして、食事をしたら、必ず寝ます。
区切り区切りなんです。

だから、結局は、私達は、一生というのは、流れだと思っていますが、良く見ると、瞬間瞬間で、構成されていて、それを見ると、流れであるかのように見えるだけなのかもしれません。

大切な事で、ただの瞬間なのかもしれません。

最終段階のマインドだなって思います。


なぜ今の自分を変えることができないのか?

ここにも、一つの厄介な考えがあるからだと思っています。これは、引きこもりを例に挙げると、すごく分かりやすくなります。

引きこもりの状態の人は、その状態が最も楽だと思っています。もしくは、いつの間にか、その状態が当たり前になってしまっている。

で、そこが自分としては、良い選択になっていると判断していると思います。

この考えの元というのは、自分で決めたこの場所というのが、一番良い場所だと考えたくなる人間の性質が大きく関わっています。

そう決め付けてしまうと、もう他の場所にはいけなくなります。

女性と出会いたい。そう強く思っている男性が大半です。
でも、実際に、その人の生活を見てみると、家と会社の往復以外の選択肢を取り入れていません。そこには、この心理が関わってきているのです。

自分で決めたこの場所が、一番居心地が良いと。

そうなると、お分かりかと思いますが、新しい場所に所属する事もできなくなりますから、必然的に、出会いなんてあるわけがありません。

でも、そこが一番居心地が、良いとおもってしまっているんです。

どうしても、内側と外側って考えを持ってしまっています。内側というのは、今、自分のいる環境です。外側というのは、それ以外の選択肢です。

引きこもりというのが、一番分かりやすいです。

実際に、外に出て、他人とコミュニケーションが取れるようになると、なんで、あの時は、誰とも話をしない、誰とも関わらない事が、一番楽しいと思っていたのか。

それが、分からない。

そういった話を、引きこもりをやめた人から聞いた事があります。それも、結局、この考えだと思います。

内側がいつでも、一番楽で、楽しいと思ってしまう。これです。

そう考えると、なぜ、今の自分が、いつまでも、変わる事ができないのかといった事が、分かってくると思います。

結局、今、自分の内側にいる自分が、楽な状態だと思っているんです。

実際には、外側に行くと、行ったら行ったで、その場所は楽しいんです。外側なんか、行かなければ良かったとは、ならない事が大半です。

もう少し、身近な場面で考えてみましょう。

真冬の寒い寒い 1 月です。

今日は、朝の 2 時に起きて、仲間とスノーボードに行く日です。仮眠をして、さあ起きる。

でも、出たくない。外は寒すぎる。

ここで、こう考えます。

なんで、俺はスノーボードなんて行こうと持ったのだろうか。こんなに寒いのに、わざわざ雪山に行くなんて。断ればよかった。

行きたくない。寒い。寝ていたい。

寝ている事以上に、幸せな事はない。
ああ。行きたくない。

でも。実際は、その状態でも起きて、スノーボードに行きます。嫌々行きます。

友達と集まり、段々と目も冴えてきて、話も皆で盛り上がってきて。

さあ、スノーボード場につきました。いい天気です。頂上から、下を見る時の爽快感。
「ああ。来て良かった。なんて、素晴らしい景色と銀世界。」

このように考えが、驚くぐらい変わる。これって、大半の人が経験した事がある事です。

ちょっと、角度が違うだけです。

この話の内側は、家に出るまで。外側は、家から一歩出て、雪山に向かう事。結局、外側に出て良かったと思います。

出なければ良かったと思う事は、何か酷いアクシデントにでもあわない限り、思わない事なんです。スノーボードだと、しぶしぶですが、約束もあるから、外側に出ます。でも、自分だけの事。恋愛の事になると、他の人の絡みが無いので、誰に迷惑をかけるでもない。

足かせが無い状態なので、つい、内側にしがみつく。




人間の性質を知ることであなたは変わる!

常に、私達は、今自分がいる内側が、一番素晴らしい場所なのだと思ってしまいます。そして、そこから動きません。でも、実際に、外側に行けば、その外側は、内側に居れば良かったとは、思いません。

外側に出てきた良かった。ここは、こんなに楽しいんだ。
そう思う事が大半なのです。

これが人間の中に、仕込まれてしまっている面倒な仕組み。

これを理解して、どうするのか。

ここが、あなたの大きな選択の道となっています。どっちにいくのか。

仕組みをしれば、ちょっと動きやすくなります。
それも、人間の性質。

このページの先頭へ