自分ばかり損や苦労している!その理由は?

自分勝手過ぎる人は、自己中と言われて、人から嫌われてしまいます。この逆のパターンで、自分が苦労している人もいます。

これは、自分に自信が無い人に良く見られる傾向です。

これは、大人の都合が強く影響しているため、身についてしまったものだと考えられます。

大人の反応を極度に気にしていると、依存をしてしまう事になります。

依存している大人側の反応が全てになってしまうのです。

といっても、小さい頃は、当たり前の事で、もし、未熟な大人が回りに、たくさんいれば、そういった状態になっても、本人には、何の責任もありません。

ただ、残念な環境だったというしかありません。

大人になれば、それを自分で理解して、その点を、上手く自分なりに消化して、改善していくしかありません。

放置しておいても良い方向には転がりません。
理解して、改善。
この繰り返しが大切です。

大人の反応へ過度に、合わせるとどうなるのか。
その大人の反応は、全部は、自分が引き起こしたものだと思ってしまいます。


つまり、大人が良い機嫌ならば、今の自分が行動が良かったからだ。

逆に、大人の機嫌が悪ければ、自分の今の行動に問題があったからだ。

このように判断をするようになりますが、実際は、ただ大人側の都合で、機嫌が良かったり、悪かったりしているだけなのです。

だから、本来は、ここでは、正しい判断ができないのです。だから、判断基準は定まりません。

自分が、楽しそうにしていて、褒められる時もあれば、怒られる時もある。あべこべになってしまいます。

それは、あべこべになって当たり前で、そこに一貫した決まりはありません。すべては、大人の感情次第になります。

それを基準に、自分の行動を決めていると、相手の反応は、すべて自分のせいであると考えてしまいます。

そうなると、かなり相手の反応に一喜一憂させられる事になります。これをしたから、相手は喜んでいる。これを行ったから相手は、不機嫌だ。

こんな判断は、ただの地獄。

楽しくもなんともない。

相手側が、感情で動いていて、自分は関係が無いのに、自分が、相手をこんな状態にしてしまった。
このように考えてしまう。

あなたは、もう子供ではなくなりました。
大人の反応を見る必要はありません。


自分で考えて、行動を起こす時が来ています。相手の今の状態は、あなたがすべて原因ではありません。

もちろん、冷静に自分の言動を見る事は大切ですが、その責任を全部、自分で背負う必要は無い。過剰な適合はもう必要ありません。
もう、自分で判断をしていくんです。

小さい頃から、思春期当たりまでは、そういった大人の反応に、嫌でも合わる事を強要されたかもしれません。

もう関係ありません。

もう親であろうと、あなたはあなたの自由の意識で決めていけば良いのです。

大人の言っている事は、正しい。
小さい頃は、こう思わされてきました。

実際自分が、おとなになるとわかると思いますが、あまり成熟したとも思えませんし、情緒が安定しているとも思えません。

判断がいつでも正しく、冷静に見れているなんて思えないと思います。

だから、そんなにたいした大人ではなかったんです。

どんな大人でも。それが、自分の世界の判断基準のすべて。

そう思う必要なんて、どこにもなかったと知る時がきたようです。

このページの先頭へ