相手に対して心が開いているかどうかを見分ける簡単な方法は?

「人との距離感」と関連が深い話となります。
人によって、対応を変える。これは、かなり大切な考え方となります。

これが、コミュニケーションの上では、かなり大切な考え方。コミュニケーションが上手く取れない場合、色々な人がいて、その都度、関わり方は、変える方が、良い方向に向かいやすい。

このように、コミュニケーションが苦手な人は、あるやり方をすれば、同じような効果があると思ってしまっています。

そのため、そういった考えを持っている人から出る考え方としては、会話というものを、まるでセリフか何かのように捕らえている。

だから、口説き文句というものがあると思っていたり、これをすれば、女性は、落ちるといったような方法が存在していると、思ってしまっているところがあります。

人によって、対応を変える。

これが大切だと分かっている人は、そんな方法は存在しないと、理解をしています。
人がそれぞれ違うのですから、万人に通用するような方法はないのです。

どんなにおかしい、理論的にも破滅しているような意見にも、賛成する人というのは、必ず存在しています。

100 人が 100 人正しいと考えるものはなく、100 人が 100人、間違っているというものもないのです。

関わる人を誤れば、そのしわ寄せは、自分に来るようになっています。人からメリットをもらう事ばかりに目を向けている人もいれば、本当に心からの親切心を持っている人もいます。

いつも大きな言葉ばかりを言っていて、それが実際に行動に反映される事がないような人もいれば、何も頼んでいないのに、先回りをして、やってくれるような人もいます。

あなたの事を軽蔑したような態度で接してくる人もいれば、尊敬心を持った態度で接してくる人もいます。

私達は、まず、その人が、どういった考え方や、性質を持っている人なのか。

そういった点を考えながら、コミュニケーションをしていく事が、まずは第一なんです。ちゃんと人を見なければならないのです。


何も見ないで、信頼して、関わっていると、痛い目を見せられる。こういった繰り返しは、人間不信にも繋がりますし、あなたの自信が失われていきます。

そのため、私達は、ちゃんと人を見るという作業を行わなければならないのです。

それは、誰でもない、自分自身のために、直結しているのです。

悪意がある人と接していれば、あなたの心は、蝕まれていきます。そして、人間は、こんなものだとあきらめる心ができていきます。

そこには、信頼や安心感とは、無縁の世界が広がるわけです。

そんな世界観をあなたの中に持ち込む人と関わりを持つなんてのは、もはや愚行なわけですから、断ちましょう。

断つためにも、人との、初期でのコミュニケーション力を持たなければなりません。

あなたが、今後、自分の存在に自信を持ち、仲良くなりたい人に向けて、自分というものを表現していきたいならば、関わるべき人というものは、ある程度、決っています。

まずは、何を置いても、人と関わる事に心をちゃんと開いている人です。

何か、魂胆があって、開いているように見せている人ではなく、人が好きで、人として、関わりを持ちたいと思っている人。

こういった人を、初期のコミュニケーションを通じて、探して、心が開いているなと思う人とは、自分も心を開いてコミュニケーションを取ると良いのです。

そういった心が開いている状態の人と関わりを持つ事ができると、自分の事を話しても良いか心配だとしても、ちょっと話をしてみると、ちゃんと受け止めてくれる事を、確認する事ができます。

思っている以上に、自分というものは、他人から受け入れてもらえる。こういった経験の積み重ねが今まで、作ってこれなかった、信頼や、安心感というものを構築してくれます。

心が開けている人の特徴としては、まず、何と言っても明るいです。

笑いが取れるとか、面白いとかそうった事ではなく、人間として明るい。一緒にいると、感覚として、明るい気持ちにさせてくれる人。

こういった人は、心が開けている傾向が高いです。

逆に心が開けていない人は、一見明るく見えたとしても、その発言の中に何らかの不平や、文句が詰まっています。

それを隠す事はできません。
ある瞬間瞬間で、それが顔を出してしまいます。

一緒にいて心地が良い人は、発せられる言葉が全体的に明るいから、意識しない状態でも、なんとなく気持ちが良いと思えます。

逆は、意識しない状態でも、発せられる言葉が、良くない方向性ばかりなので、居心地の悪さを感じるのです。

あと、すぐにこの人は、心が開いているか、開いていないかを見れるポイントがあります。それは、その人の回りでの関係がスムーズであるか。

頻繁に、人と摩擦を起こしている人は、大抵回りの人間
関係でも、摩擦を起こしています。

だから、回りにいる人との関係を見るだけでも、その人は、心を開けている人なのか、開けていない人なのかを見る事ができます。

しかも、この判断の精度は、高い傾向にありますから、良い判断指針になります。

私達は、日常生きている中で、このような選択をしています。何となくで流されていると、良い選択はできないものです。

ちゃんと意識を持って、私は日々、選択をしながら生きているという、当たり前の事実を、ちゃんと受け止める事が大切なんだと思います。

日々、選択をしているという認識をもてれば、そこには、当然のように、自己責任がある事を感じれるようになると思います。この自己責任を感じる事ができないと、ついつい、何か良く無い事が起きた時に、それが回りの責任であるかのように感じてしまうのです。

このページの先頭へ