ポジティブな人になる簡単な方法は?明るく前向きな友達をたくさんつくろう

ポジティブな明るい性質を持っている友達を選ぶ必要があります。これも、今後、やっていく必要があるものの一つです。

以前の項目で、お話をした事で、楽しい時には、楽しい部分が記憶されやすく、ネガティブな時には、ネガティブな部分が記憶されやすい。

ここから、さらに、この性質を使って、もっと良い状態に、あなたをするために必要な事をお話ししていきます。

ポジティブな友達といると、全体的に話は明るいものになります。

そうすると、あなたの記憶の中から引きだされるものは、明るい記憶のものとなりますから、話をする内容も、自然と、明るいものとなります。

この事を考えると、ネガティブな友達は、なぜ良くないのかは、分かってくると思います。

ネガティブな友達といると、あなたの中からは、ネガティブな記憶と、それに基づいた、ネガティブな話になります。

どれだけ、自分を良い状態にするかは、回りにいる人からも多くの影響を受けるので、どうしても明るくポジティブな友達を増やした方が良くなります。

必ず、その友達の影響は受けます。

多くの友達が、ポジティブであれば、あなたもそちらに引っ張られます。多くの友達が、ネガティブであれば、あなたもそちらに引っ張られます。

これは、ほぼ避ける事ができないので、意識して友達を作る必要があります。

これを踏まえて、この事も、意識できるようになると、あなたを良い方向に持っていく事ができます。

楽しい時、うれしい時、テンションが上がっている時など、気分が高揚している状態に、過去に失恋をしたようなつらい記憶は、同居しません。

気分が高揚しているときに、リンクするのは、同じような状態にあった時のものです。

だから、同じように、楽しかった時、うれしかった時、テンションが上がった時の事が、頭の中によぎるようになっています。

そして、この逆も同様です。

悲しい時、気持ちが落ち込んでいるとき、テンションが下がっている時など、そういった状態だと、楽しいことを思い出したりするのは、難しい状態です。

そういった逆の関係にあるものは、同居しません。

つまり、一緒にいる友達次第で、あなたの心が、いつも身を置く場所が変わってくるのです。

ポジティブな場所に多くいれる場面が多ければ、あなたの心は、ポジティブな状態が普通の状態になりやすくなります。

ネガティブな事にばかり触れていると、どうしても心は、ネガティブな状態が普通になってきてしまいます。

そうすると、いつも思い出す事は、失敗した事、人から言われたネガティブな事。

こういった事が思い出される物事の大半になってしまいます。

これが続くと、どうしても心は疲弊しますし、自分の価値は、低いものだとして、とらえがちになってしまいます。

こういった点からみて、一緒の時間を共有する友達というのは、本当に大切なものだという事がわかってくるかと思います。

自信が無い人の回りには、自信が無い人が集まっているのは、こういった理由もあります。それに、自信がある人を、自ら排除してしまっているという点も、大きく関係しています。

誰でも、失敗したり、思った通りにならなかった事は、当然の事としてあります。

そして、それを考えると、ネガティブな気持ちにもなりますし、落ち込んだ気分になったりもします。

ただ、ここで、自分の感情をどうするのか。

この点に意識を向けられるか、向ける事ができないのかが、分かれ道になります。

自分の感情が、今、マイナスの方向に向かっていると、意識できるなら。

それを理解をして、方向をプラスに持っていくように努力をする。

具体的には、ポジティブな事を考えるように意識して、なるだけ、自分の感情をそっちに向かうようにする。

ネガティブな状態になってしまう人は、多くのケースで、こういった状態になった場合、感情を意識する事はあまりなく、ただ、流されるように、感情を放置してしまう傾向があるのです。

あまり、プラスに意識を持っていこうとしないのです。

プラスに気持ちを持っていくというのは、単純な事です。
自分が良い感情を持てたような事を思い出していく。


自分が目標を立てていた事を、達成した体験を思い出したり、女性から告白された事を思い出す。

自分が良い気持ちになれた感情を思い出すというのは、こういった場合では、もっとも簡単に自分の感情を変えられる方法の一つになります。

ポジティブな人は、こういった作業を、感覚で理解して、やり続けているのです。

結果、ポジティブな状態をキープする事ができているのです。流されていると、ネガティブな状態になってしまいます。

どっちに、自分の感情を近づけておくのかが、分かれ道になるわけです。

明るく、あまり落ち込まない人は、こういった感情を自分で、どうにかしようという事ができる状態の人です。

だから、できるだけ、友達には、こういった事ができる人が、回りにいた方が、あなたに良い影響を与えるのです。

このページの先頭へ