人生が楽しくない!自分の人生をもっとリアル感のある生活に変える方法

自信がない、自分の事を、深く人に話をする事ができない。現在、この状態にある場合、色々なケースが考えられるのですが、その中の一つについて、この項目で、お話をしていきます。

それは、今、あなたの人生に、リアル感が無いという事です。

リアル感が無いと、昨日、誰と何を話したのか。
それを聞かれても、良く覚えていません。
何を食べたのかを聞かれても、良く覚えていません。

この 1 週間で、もっとも印象に残っている楽しい出来事は、何。と聞かれても、これも答える事ができません。
何か、興味を持った事は、これも答えられません。

何も覚えていないのです。
それは、現在にリアル感が無いからです。

たった、一つの事が、これに加わると、まるでその瞬間から、感じる事、日々、誰かと話をする事、感じる事。
そういった事に変化が起きます。


それは、リミットがある事を知る。

あなたは、余命 1 年です。

もし、そう告げられたとします。その瞬間から、感じる事、知る事に劇的な変化が起きるようになります。

小学校の同級生に、偶然あって話をした。
それだけの事なのですが、その同級生が話をしている事、そのすべてに感動できるようになりますし、覚えておこう。
そう思えるようにもなります。
そして、今日の出来事に感謝するようになります。

リアルを感じるというのは、こういった事なんじゃないかと思っています。

いつまでも続くんじゃないか。

そう思っているから、漠然とした感覚に支配されているような感じになり、何も感じなく、何も考えなくなります。

今、目の前にあるものが何か。
それすらも見えなくなり。
ただ、漠然とした時間だけが過ぎています。

良く、私は、自分の媒体で、
「見えるものが変わる。」
この表現を使います。

この場合、見えているものは、変わりません。
目の前にいる友人は、そのままです。

でも、感じる事や、知る事、学ぶ事で、同じものなので
が、自分の中から見える感覚としては、全然違うものとして、感じ取るようになるのです。

自分のリミットが後、例えば 1 年だと知ったとします。この事を“知る”事で、世の中が、急速にリアルになってくるのです。感じれる事が変わるのです。

あなたは、何を持って、リアルを感じるのかは、私には分かりません。

リアルを感じれるようになるためには、知る事、学ぶ事、感じる事。
こういった事は、省く事ができません。

そして、リアルを感じれるようになると、違った感覚、何か、他の力によって、自分の足を引っ張られている事。

こういった事がもったいなく感じれるようになります。

このページの先頭へ