女性の言葉が常に正しいとは限らない!総合的な目線で判断しよう

女性と、一緒にいたり、友人と一緒にいたりして。その人の考えを知る場合、話をしていて、その内容から判断していく方法を取っている事が大半だとおもいます。

ただ、この事を知っておくと、役立つといったものがあります。

それが、“「はい」、「いいえ」で答えさせたものは正しいとは限らない”。

どんな物事にも、「はい」と「いいえ」で分ける事ができる。そう考えている人は、多いと思います。

ただ、人間というのは、そこまで自分の感覚を把握しているものではなく、結構、アバウトな部分が非常に多いと思っています。

そして、とっさに、何かを聞かれた場合。それが、本心とはかけ離れているというケースも多々あります。

この事がわかっていると、言葉での「はい」、「いいえ」、というものをそのまま信用するよりも、場合によっては、女性側の総合的な目線から判断した方が良い事もあります。

特に男性の傾向なのですが、すべての事が、言葉で説明する事ができると考えているタイプがいるので、この考えを持っていると、そこに女性とのすれ違いがおきやすくなります。

言葉で、自分の感覚を説明するのは、非常に難しく、正しく表現できる方が少ないと思っていた方が良いぐらいです。

パッと聞かれて、答えをミスした事が、あなたにもあると思います。あの感覚です。

なんで、あの時に、あんな答えを言ってしまったのだろうか。こう後悔した事が何回もあるかと思います。

これがわかっていると、言葉を単発で信じる事には、そこまでの正確性がない事が分かってきますし、女性が放った一言で、傷つく必要がない事が分かってきます。

例えば、あなたが女性に迫ったとします。その時に、女性が反射的に、「嫌っ」。といったとします。

この言葉だけを聞けば、あなたを受け入れられないといった答えであるように聞こえると思います。

この項目を理解できていなければ、この女性は、俺の事が嫌いなんだ。

そう思い込み、それ以上、その女性と関わる事をやめてしまうかもしれませんし、手を出す事をここでやめてしまうかもしれません。

この場合の「いいえ。」は、別に本当の意味でのいいえではなく、とっさだったから、心の準備ができていないという意味での「いいえ」、かもしれませんし、

ちょっとまった、もう少し時間をください。の「いいえ」、だったのかもしれません。

あまり、言葉だけに判断をゆだねるよりも、それまでに積み重ねたものを見たほうが良い場合は、多々あります。それを覚えておいてください。

あと、人間は、自分の本心が分からないという面が多々ありますので、全部、自分の事は自分が知っているとは思わないで、自分との対話をしてみる時も、大切だったりします。

このページの先頭へ